仕事中に居眠りする男性

ひとくちに睡眠薬と言ってもその作用や効果のあらわれ方によって、いくつかの系統に分類することができます。
現在最も多く処方されている睡眠薬となっているのがベンゾジアゼピン系睡眠薬と呼ばれる物ですが、これは脳のベンゾジアゼピン受容体と結合することで催眠作用を発揮します。
これまで使用されていたものよりは副作用が少なく、また死亡リスクも低いためよく利用されるようになっているのです。
次に現在、このベンゾジアゼピン系に代わる新しいタイプとして処方されるようになっているのが非ベンゾジアゼピン系睡眠薬と呼ばれるタイプです。
基本的な仕組みはベンゾジアゼピン系と変わらないのですが、ベンゾジアゼピン系とは違い脳の受容体に与える影響のバランスを整えることで副作用を抑えるというメリットがあります。
そして過去までよく処方されていて、かつ効果が強いとして知られているのがバルビツール酸系とよばれるタイプですが、これは現在だとほとんど使用されていません。
副作用が強いうえ、その一つとして睡眠中の呼吸抑制作用があるため、死亡リスクがあったのです。
ベンゾジアゼピン系との違いとしては、ベンゾジアゼピン系が視床下部や大脳皮質に作用するのに対し、バルビツール酸系薬は脳幹網様体に作用するというポイントが挙げられます。
睡眠作用としては現在使用されている睡眠薬の中でも最も強いものがあるのですが、過去には大量服用による自殺などが報告されたため、現在では処方に際して非常に慎重な判断が必要となっています。
このように睡眠薬はそれぞれの系統によって作用や効果が異なります。
体質によって睡眠薬の効果が見られないという場合でも、別の系統であれば効果があるということもあり得ますから、状況に応じて医師と相談して適切なものを選ぶようにしましょう。