• ホーム
  • なぜ人は不眠症に陥るのか

なぜ人は不眠症に陥るのか

2019年05月22日
患者と話している医者

眠りたいのに眠ることができない不眠症の症状は非常に辛いものになります。
不眠症が続くと片頭痛の原因にもなりますし、精神的に悪影響をあたえます。
片頭痛が続くと仕事にも支障が出てしまうのでその場合には痛み止めを服用して様子をみるようにしましょう。
痛み止めにも種類がありますが、その中でもボルタレンは腰痛、肩こりなどの痛みにも対応できます。
日中は眠くて眠くてたまらないのに、夜になった頃には目がさえてしまっているということになると、日々の生活すらままならなくなることもあるでしょう。
そうした人に対しては睡眠薬が処方され、それによって本来の睡眠のリズムを取り戻すなどの治療が行われることになります。
ですがどうして人は睡眠薬を使わなくてはならないほどの不眠症に悩まされることになるのでしょうか。
これにはいくつかのことが考えられますが、まず多いのが精神的なことが原因になったケースです。
例えば仕事上の問題を抱えている時や、家族や友人が死んだ時など、そうした状況に直面したことで眠れなくなるという人は非常に多いものです。
そうした状況では睡眠薬もいまひとつ効果が出ないということもあるのですが、これは精神が「眠るべきではない」というようにブレーキをかけているということが考えられます。
特に人が死んだというような場合、その人の深層心理では「今眠ると自分も死ぬかもしれない」というような防衛本能が働くこともありますから、そうした際には非常に強い不眠症に陥ることがあるのです。
加えてうつ病を抱えている人などだと眠ることで無防備な自分を晒すということに不安感を感じたり、眠れば明日が来るということを嫌って不眠症が引き起こされるケースもあります。
またこれらとは異なり肉体的なことが原因となっていることもあります。
これは例えばケガをしてしまって痛みで眠ることができないというような場合や、花粉症で常に意識が覚醒させられるというようなケースです。
これは睡眠薬を使用しなくとも根本的な原因を治療すれば不眠症も改善できるのですが、一つのケースとして数えておいた方が良いでしょう。