• ホーム
  • 処方が必要な睡眠薬と抗アレルギー薬アレグラの関係

処方が必要な睡眠薬と抗アレルギー薬アレグラの関係

2019年11月17日

アレルギー性鼻炎や花粉症等の治療に用いられる医薬品であるアレグラは耳鼻科に通って鼻炎や花粉症と診断されると比較的頻繁に処方されます。
他の種類の抗アレルギー薬と同様にヒスタミン受容体の阻害を行うというのが抗アレルギー作用の発現するメカニズムとして知られています。
ヒスタミン受容体にはサプタイプがあり、その選択性の違いによって表れる効果にも違いが生じます。
また、ヒスタミン受容体は中枢においても末梢の各器官や臓器においても多様な機能を持っていることから、薬の体内分布の違いによってもその作用に違いが生まれます。
そういったバランスの違いによってこうアレルギー薬にも特徴が生まれますが、アレグラは抗アレルギー薬の中で眠気の副作用が少ないことが知られている医薬品です。
睡眠薬は睡眠障害の患者にとってはなくてはならない医薬品の一つですが、医師に処方してもらわなければ手に入れることができません。
薬局やドラッグストアで販売するには睡眠薬は危険が多い薬だからです。
一方、睡眠薬ではなく睡眠改善薬として抗ヒスタミン剤が薬局やドラッグストアで購入ができます。
病院で処方される睡眠薬に比べると効果が弱いkとおが多いものの、それでも十分に睡眠を確保できるようになる人にとってはありがたい医薬品となっています。
こういった場面で用いられているはアレグラと対照的に睡眠の副作用が強い抗アレルギー薬であり、抗アレルギー薬としての副作用を主作用としてとらえることによって睡眠改善薬としての役割を果たすように考案されています。
同じ作用を持つと分類される医薬品は多数ありますが、こういった違いによってうまく目的にあわせて使い分けることができるのです。